ある程度の年齢から虫歯は少なくなる傾向があります。 これは徐々にエナメル質の中に唾液中のカルシウムが沈着して虫歯菌(ミュータンス菌)に強い歯ができあがるためです。