2007年02月24日

乳歯の虫歯の好発部位(白い虫歯)

乳歯の虫歯の好発部位(白い虫歯)
 むし歯は黒いと思い込んでいる方が多数いらっしゃいますが、実は進行の早い初期のむし歯の色は白いのです。
特に乳歯のむし歯は他の部分のガラス色の透明なエナメル質部分が白濁しています。
また、図のように歯のシワの部分がむし歯にならずに歯と歯の間がむし歯になりやすいのでお子様の仕上げ磨きの際には好発部位に注意しましょう。

1.一番大きな上の前歯の歯と歯の間(真ん中)
2.第一乳臼歯と第二乳臼歯との間(4カ所すべて)

「うちの子の歯は白いから大丈夫」とあなどっているとある日突然、ポッカリと穴が空いていて驚いて駆け込んでくるお母様方が多いものです。
早く発見すればするほど削らずにフッ素塗布のみで治療できます。
ご注意ください。

小児歯科
space

2007年02月23日

アメとグミ

アメとグミ
 こどもの大好物といえばアメとグミですが以前アップしたように糖分が30分以上お口の中にあるとphが極端に低くなって虫歯になってしまいます。
しかし、糖分は成長期の脳にとってとても重要な栄養素の一つです。

そこで、おやつなどでお子様に与える場合は15分以内に食べ終えるようにしてください。
そうすれば極端に口腔内が酸性に偏ることなく過ごせますので多発性の虫歯を防ぐことができるでしょう。
また、食事の与え方としては同じ考えから、30分ほどで終えることも重要です。
「だらだら食い」は虫歯になる危険性を高めます。

お子様をお持ちの方はご存じのように子供の「腹時計」は大人が驚くほど正確です。
またそうでなくてはいけません。
朝食を抜くことは脳が目覚めないことやIQ低下の原因になることはご存じだと思われますがお母様はそ腹時計をふまえた上でその家でのリズムに合わせてできるだけ正確な時間帯に食事の時間を作るように心がけてください。
腹時計によって日々の生活リズムが形成されます。

小児歯科
space

2007年01月09日

乳歯根尖嚢胞による永久歯萌出阻害

banki01
 よく乳歯の虫歯が後の永久歯に悪影響が出ないか心配する親御さんがいらっしゃいますが歯間が狭められる以外はそんなに影響はありません。しかし、例外もあります。
 主訴が拍動性の自発痛の女子中学生でしたが乳歯の根尖嚢胞が永久歯の萌出を阻害している珍しい例です。

banki02
 レントゲン像ではかなり大きな空豆大の嚢胞が存在したのでエナメル上皮腫を疑いながら抜歯しました。
banki03
 排膿はかなりの量でしたが翌日には殆ど排膿しつくしてすっきりした様子でした。
今後は下方にある5番の空隙を残しておくために一時的な1本の入れ歯を入れて頭が出てきた時点で使用を中止することによって歯列も崩れることはないはずです。

小児歯科
space

2006年07月28日

小児の歯牙再植術

小児の歯牙再植術01

3歳の女の子がちょっとした段差でつまずいて顔を強打し歯を打ち、右は前方に飛び出し左は骨の中にめり込んだ例です。

写真は修復した直後のもので正常な歯列となっていますが直後は右と左が大きく段差となっていました。

麻酔後、右側は手圧で押し込み、左は引っ張りましたが今にも抜けそうな状況でした。(実は一度抜けてしまいました)
修復後グラスアイオノマーセメントで側切歯から側切歯まで接着し、なんとか元の状況としました。

根尖は一度分離していますので神経が死んでしまうのは仕方がないことですがとりあえず永久歯に生え替わるまでこの状況を保てれば由とします。
小児の歯牙再植術02

小児歯科
space

2006年07月14日

正中過剰歯(2)

過剰歯04
以前ブログした正中過剰歯よりも親御さんが驚いて駆け込んでくる症例です。

5歳の男の子の例で丁度乳前歯の間に鋭く尖った歯が出てきていますが舌側ですので後継永久歯の歯列不正にはあまり影響がないものの発音障害になっては?と抜歯しました。

そういえば中学校の検診で2本も大事に抜かないでいる生徒さんがいましたので必ずしも1本とは限らないようです。
過剰歯05

小児歯科
space

2006年06月20日

スポーツイオン飲料

sahoraid.jpg
 赤ちゃん本舗は新人のパパやママにとっては救世主で乳幼児用製品の総合デパートです。
 その入り口には小児用のスポーツイオン飲料が山積みされていて「大事な赤ちゃんが脱水症状にならないように」とついケース買いしてしまいます。

 ところがそんな親心があだとなって写真の1歳7ヶ月のお子様のようにすべての乳歯が生えきらないうちに虫歯になってしまいサホライド(フッ化ジアミン銀)というフッ素処理で前歯を真っ黒にしなくてはならなくなったケースが多く見られます。

最近の小児歯科ではすべての歯の虫歯にレジン充填をおこなう例が多いようですが見た目が悪いもののサホライドは非常に有効な虫歯抑制効果があり重宝されています。
まして、3歳になるまでは本人の虫歯治療の同意を得ることが困難ですので削らずに済むことを考えれば適切な処置といえます。

スポーツイオン飲料は風邪や日射病などで脱水症状になった場合には有効な水分補給剤ですが虫歯にならないと勘違いされている親御さんが多いのは残念です。
成分表を良くお読みなされば虫歯の一番の原因であるショ糖がたくさん入っていることが分かります。
特にほ乳瓶などに入れて吸い続けることによってのど飴と同様に長時間糖分が口の中に存在しますのであっという間に虫歯を作ってしまうのです。

これからの時期のお子様の水分補給には麦茶が一番良いでしょう。

小児歯科
space

2006年06月08日

癒合歯

癒合歯
地域の保健所で川崎市歯科医師会々員は順番制で3歳の誕生日を目安とした小児を対象に3歳児検診を行います。

本日も58人の検診を行いましたが、そのうち2〜3人は下顎の中切歯と側切歯が癒合しているケースがあり、親御さんが心配して質問してきます。

レントゲンを撮ってみると、殆どは永久歯が別々で癒合していることはないのですがこの方のように永久歯も癒合している場合がまれにあります。

丁度一本の歯に溝ができている形態で虫歯になりやすく、虫歯になってしまうと通常の治療では難しくなってしまいますのでしっかりと磨いて極力清潔にするように気をつけるべきでしょう。

小児歯科
space

2006年06月02日

シーラント(初期ウ蝕小窩裂溝填塞)

シーラント
 6歳臼歯と呼ばれる最初に崩出する永久歯、第1大臼歯は統計的に将来最初に抜歯の対象となる歯と言われています。

 実際経験上、この歯が虫歯でなくなってブリッジにせざろうえない方が多数いらっしゃいます。
また、この歯はすべての歯の中で60キログラムという最大の咬合力に堪え忍ばなければならない重要でかつ咀嚼効率が最も高い歯です。

ところが崩出したての第1大臼歯は極端に溝が深く、咬み合っていないため自浄作用がなく、歯垢でまみれてすぐに虫歯になってしまいます。

そこで、この第1大臼歯を虫歯から守るために裂溝をプラスチック製の強固な樹脂でかためることが非常に有効となります。

乳臼歯の場合は咬合面ではなく隣接面から虫歯ができるので予防効果は薄いと思われますが永久歯では成人になっても虫歯の少ない方には残っていて咬合面の予防効果の高いことが実感されます。

それまで虫歯が無くてもお子様の6歳臼歯が生えてきたら即座にシーラント処理をすることをお勧めいたします。

小児歯科
space

2006年05月25日

前歯の難崩出歯

前歯の難崩出歯01
 6歳前後のお子様で上の乳中切歯が抜けたのに半年経っても一年経っても歯抜けの状態でなかなか永久中切歯が出てこない場合があります。

 これは本来、乳歯の歯根や出口の皮膚を破骨細胞によって溶かしていく機構が貧弱で表面の歯茎が足の裏のように繊維質で角質化している場合に起こります。

 このような場合は歯列不正の原因となりやすいのでちょっとだけ電気メスで表面を切って誘導路を作ることで容易に崩出してきます。

 お子様の前歯がなかなか出てこない、あるいは片方は出てきているのに反対側はいくら待っても出てこないというご心配の親御さんは、歯科医院でX線診断により後継永久歯の存在を確認した上で表面を軽く切開してもらうと良いでしょう。

前歯の難崩出歯02
切開直後

前歯の難崩出歯03
一週間後

小児歯科
space

2006年05月21日

正中過剰歯(1)

正中過剰歯01
 成人でもレントゲンを撮影してみると中切歯の根本に過剰歯がありご本人が驚かれる事がありますが、一生出てこない場合が多いので正中離開の原因になっていない限りは抜歯しません。

この5歳の男の子は乳歯が抜けて永久歯が出てきたと思ったところ、出てきた永久歯が尖っていて来院しました。

先に埋伏過剰歯が出てきたケースで、この過剰歯が原因で後から来る永久歯が別の方向に出てくる可能性があるためレントゲンで後継永久歯の存在を確認した上抜歯しました。

歯がない時期が通常よりは長いものの永久歯が正常に生えてくることでしょう。

正中過剰歯02
抜去過剰歯

正中過剰歯03
抜歯後

小児歯科
space

2006年04月07日

小臼歯の中心結節

中心結節01
 先天的に小臼歯の真ん中にごま粒大の出っ張りがあることがあります。(1,0〜3,5%)

これは中心結節といい、小学生高学年に乳臼歯が生え替わったときに咬合で折れて虫歯でもないのに感染を起こすことがあり、冷痛や根尖の腫脹を伴います。
写真は12歳の男の子ですがやはり折れてしまい、感染根管処置を行わなくてはいけない例です。
折れたところが歯髄まで繋がっているため感染を起こしたもので、まだ根の先が成長しきっていないので成功率が低く根管治療を避けたいところですが仕方がありません。
中心結節02
 予防策としては中心結節周囲をシーラントやレジンで補強して折れないようにすることが必要です。

小児歯科
space

2006年04月06日

6歳児の上の前歯

6歳児の上の前歯(1)
 初めての永久歯である下の前歯と違い、上の前歯は乳歯の真下から生えてきます。

この時期にわずかながらでも反対咬合ですと将来、受け口になってしまう可能性があります。

***掲示板から***

Q:はじめまして。近隣の歯医者さんをさがしていて、この掲示板を見つけました。
とても評判が良いようなので、通院を検討しております。
6歳の子供のことで質問をさせてください。
上前歯の永久歯が生えてきましたが、片方だけが噛み合わせが逆になって生えてきてしまいました。早いうちの矯正を考えていますが、
今、通い始めたとして、期間はどれくらいかかるものなのでしょうか。また、ぶしつけな質問で恐縮なのですが、費用等はどれくらいかかるものなのでしょうか。お知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

A:残念ですが矯正は専門の先生にお願いしており当院では行っておりません。それでもある程度のご助言は出来ると思います。
費用は総額で50〜150万円と歯並びの程度や医院によって違ってきますがすべて一括払いということはまずないはずです。

矯正を必要とするのかどうか診断するのは早いほうがよいのですが実際に始めるのは永久歯がある程度そろった4年生から5年生位が最適だと言えます。(ただし、顔の骨格から矯正する場合は4歳位でも決して早くありません。)
平均的に2年〜4年間必要、というところでしょうか。

6歳とは今が大事な時期ですね。

実際に拝見しないといい加減なことは言えませんが生活習慣で適切な成長期でごく軽度の場合はご家庭で簡単に歯を動かせることも全くないわけではありません。

Q:早速のお返事、ありがとうございました。
そうですか・・・、矯正はやっていらっしゃらないとのことで残念です。
費用および期間を教えていただき、ありがとうございました。なかなか双方とも覚悟がいりますね(笑)
実は歯科衛生士の知り合いからも家庭でできる矯正法を教えてもらい、今、実践中です。
先生がご存知の方法もこれかな、なんて思いながらこのレスを打っております。
これでうまくいかなければ、先生のところにお伺いします。そして専門の先生を紹介していただければ幸いです。
そのときはよろしくお願いいたします。

A:矯正は「矯正歯科専門医」に限って受診ください。
なぜなら簡単な矯正の講習会を受けて矯正医と謳っている歯科医師が多すぎます。
歯科矯正は10年近くのキャリアで患者さんを統計的に把握して一人前となります。
従いましてその辺を十分ご考慮の上矯正医をご判断ください。
矯正医は「後戻り」を十分考慮し外科的なことも考えに入れたグローバルな考えを持った先生が適切と考えます。
6歳児の上の前歯(2)
 写真はちょうどこの適例で僅かな反対咬合でしたが家庭で正常咬合の方向に力が加わるように割り箸を咬んでもらい、1週間ほどで下の永久歯よりも前方に移動した例です。
矯正専門医からは怒られてしまいますが実際1〜2本は動きます。

しかし、やりすぎて下の前歯が奥に移動しても困りますし、全体的な歯列不正には決してやってはいけない行為ですのでくれぐれも自己責任で願いします。

小児歯科
space

2006年01月06日

進まない虫歯(カリエス0)

カリエス0
 歯牙の裂溝(れっこう)の黒い虫歯を治してほしいと来院しても治療の必要性のない場合があります。

私が子供の頃の歯科検診では虫歯の進行程度をC1〜C4 と分類していましたが現在は処置歯、無処置歯としか虫歯を分けていません。
しかし、逆にC0 という分類ができています。
これは虫歯でもごく軽度で、今後清掃をしっかりしていれば進行せず虫歯のきっかけを作るということで探針で突っつくことさえ禁じています。

写真のように成人においても黒いものの進行速度が極端に遅く口腔清掃環境がしっかりしていれば治療の必要性がない場合もあります。

むしろ透明度が無くなり白濁した白い虫歯こそ進行速度が速く、早急の治療を必要とすることがよくあります。

小児歯科
space

2005年11月25日

初めての永久歯

kagakuitiban
6歳になったお子様の初めての永久歯が下顎の乳歯の内側に生えてきたのを見て親御さんがびっくりして来院します。

普通に考えると永久歯は乳歯の真下から生えてくるという概念がありますが通常、内側からせり上がるように生えてその後永久歯が抜けます。

上顎の切歯は真下から乳歯の根を吸収しながら生えてくるので違和感がないのですが下顎の乳歯は永久歯が生えきってから抜けるので「歯並びが狂ってしまう」と驚くことが多々あります。

特に初めてのお子さんですと自分の歯が抜けたときのことを忘れて(当たり前)びっくりして来院することがよくありますが正常ですのでご心配ない無く。

小児歯科
space

2005年10月16日

外傷性舌咬傷

外傷性舌咬傷
一歳四ヶ月の男の子が歩き始めて間もないせいかコンクリートの上で転んで顎を打ち自分の歯で舌を咬んでしまいました。

親御さんはびっくしりしてしまい1時間後に緊急で来院しました。
診察してみると出血は止まっているものの舌のちょうど中央部が幅2センチ、深さ5ミリほどぱっくりと切れていました。
(写真は縫合直後)

そのままにすべきか縫うべきか悩みましたが親御さんが是非縫ってくれとのことでしたので麻酔下で1針だけ縫い、1週間後には綺麗に治癒しました。(当然泣きますね−開口器使用)
また、上顎の切歯が石灰化不全のためかナイフのように鋭くなっていましたので丸く研磨しました。

このことで思い出したのですが半年ほど前の患者さんで舌の中央に貫通式のピアスをしていて驚いたことがありました。
舌の損傷は下部の両側に走っている舌動脈さえ避ければさほど大きな問題は出ないようです。

小児歯科
space