2007年07月06日

正露丸は歯痛に効くのか

正露丸
 患者さんが正露丸を詰めたけれど痛みが取れずに観念して来院したとおっしゃいます。
実は正露丸をむし歯の穴に詰めることはむし歯が初期の場合は効くものの、ある時期を過ぎると効かないばかりか激痛となるのが正解といえるでしょう。

 製造元の大幸製薬の効能には

正露丸は虫歯痛にも使われています。
これは、正露丸の主成分の日局木(もく)クレオソートが、歯の鎮痛鎮静や根管の消毒用として使用されているからです。
この場合、正露丸は内服するのではなく、痛みのある虫歯に適量を詰めてお使いください。
ただし、一時的な歯痛止めであって、虫歯そのものを治療する効果はありませんので、歯科医で適切な虫歯治療を行ってください。
※虫歯に対する鎮痛鎮静効果は正露丸のみとなっております、セイロガン糖衣Aには上記の効果はありません。

と記されています。
例の正露丸特有のくさい臭いのもとのクレオソートは歯髄鎮静作用があり確かに初期の虫歯には鎮静作用が効果的です。
すなわち「冷たい水に沁みる、食べた後にうずく」程度には非常に効果的と言えます。
しかし、象牙質のむし歯以上となり急性の歯髄炎や神経が壊死してしまった感染性歯周炎や歯根膜炎まで移行してしまうと錠剤を詰めることによって逆に排膿路を封鎖してしまいそれ以上に痛みが激痛に変わってしまう場合もあります。
以上のことをふまえて初期の痛みの場合は効いたからといってそれを繰り返し、放置すると徐々にむし歯が進行し、正露丸を詰めると逆にそれ以上に痛みが増して激痛となり休み明けに歯科医院に直行ということがあるのでお気を付けください。

2007年07月05日 « 2007年07月06日 » 2007年07月20日虫歯
メインメニュー