2007年07月26日

生活歯髄切断法

生活歯髄切断法
 根尖未完成永久歯の抜髄による自己吸収を防ぐには歯髄炎になるまで虫歯を放置しないのは当たり前としてもなってしまったら歯冠部のみ神経を取り、根の部分の神経は活かして水酸化カルシウムの粉末で封鎖する生活歯髄切断法が有効です。

 その後、その部分が歯根部分の栄養補給により石灰化して身体のカルシウムにより閉鎖するのを期待します。
 成人になったらもう一度根管治療を行う必要性がありますが自己吸収という最悪の事態を避けることができます。
※写真は9歳の女児

2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月歯内療法

2007年07月23日

自己吸収

自己吸収の歯
 歯髄腔がどんどん太くなってしまう原因不明の内部吸収とは異なり虫歯でもないのに歯根がどんどん溶けて細くなってしまう場合があります。
このような例ではいくつかの症例で共通の原因があります。

経験上このような歯は萌出して数年後、6〜15歳の根尖が未成熟で閉鎖していないような幼弱永久歯の抜髄した歯に限るようです。
根尖嚢胞ができてもいないのですが異物と認識され、吸収され続けているのでいずれ抜歯となってしまうことでしょう。
予防法としては幼弱永久歯への基本的な治療法である「生活歯髄切断」が有効と言えるでしょう。
これは根尖まで神経を抜髄するのではなく、歯冠部分の神経だけを除去し切断面は水酸化カルシウムで石灰化させて根管の部分の神経は残すという方法です。
(成人になってからもう一度根尖まで抜髄します。)
炎症の深度によっては成功率が高くはないのですが現状では他に方法はないようです。

2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月歯内療法

2007年07月20日

ノボリト・アート・ストリート

ノボリト・アート・ストリート
 7月14日(土)〜29(日)までのぼりとゆうえん隊によるのぼりとアートプロジェクト、ノボリト・アート・ストリートが開催されております。
医院の窓一面にトリックアートが飾られていますので登戸駅階段正面から楽しんでみてください。

主旨は

「のぼりと まちなかアートプロジェクト」は、登戸の未来への地図を描くプロジェクトです。アートがまちと関わることで、人々がまちの魅力を再発見し、新しいコミュニケーションを生み出し、登戸が「楽しい我がまち」になることを目指します。
で町を活性化させる好ましいことですので全面的に協力いたしました。

ノボリト・アート・ストリート02

ノボリト・アート・ストリート03

ノボリト・アート・ストリート04


2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月地域情報

2007年07月06日

正露丸は歯痛に効くのか

正露丸
 患者さんが正露丸を詰めたけれど痛みが取れずに観念して来院したとおっしゃいます。
実は正露丸をむし歯の穴に詰めることはむし歯が初期の場合は効くものの、ある時期を過ぎると効かないばかりか激痛となるのが正解といえるでしょう。

 製造元の大幸製薬の効能には

正露丸は虫歯痛にも使われています。
これは、正露丸の主成分の日局木(もく)クレオソートが、歯の鎮痛鎮静や根管の消毒用として使用されているからです。
この場合、正露丸は内服するのではなく、痛みのある虫歯に適量を詰めてお使いください。
ただし、一時的な歯痛止めであって、虫歯そのものを治療する効果はありませんので、歯科医で適切な虫歯治療を行ってください。
※虫歯に対する鎮痛鎮静効果は正露丸のみとなっております、セイロガン糖衣Aには上記の効果はありません。

と記されています。
例の正露丸特有のくさい臭いのもとのクレオソートは歯髄鎮静作用があり確かに初期の虫歯には鎮静作用が効果的です。
すなわち「冷たい水に沁みる、食べた後にうずく」程度には非常に効果的と言えます。
しかし、象牙質のむし歯以上となり急性の歯髄炎や神経が壊死してしまった感染性歯周炎や歯根膜炎まで移行してしまうと錠剤を詰めることによって逆に排膿路を封鎖してしまいそれ以上に痛みが激痛に変わってしまう場合もあります。
以上のことをふまえて初期の痛みの場合は効いたからといってそれを繰り返し、放置すると徐々にむし歯が進行し、正露丸を詰めると逆にそれ以上に痛みが増して激痛となり休み明けに歯科医院に直行ということがあるのでお気を付けください。

2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月虫歯

2007年07月05日

顎がはずれた時の治し方(顎関節脱臼整復術)

顎がはずれた時の治し方(顎関節脱臼整復術)
 今年は2人目ですが年に何人か顎がはずれて驚き駆け込んでくることがあります。

 写真は高校1年生の女子で単に口を開けているだけのように見えますが本人はよだれが出っぱなしで結構焦っているのです。
 習慣性の場合は自分で戻す方法を会得している場合が多いのですが初めてや今回の場合のように2回目となるとまだ自身では顎の戻し方が分かりません。
治し方は図のように手の親指を下顎の下に、他の4本を歯列臼歯部に置き、両手で下顎をしっかりと保持して耳の穴の直前の下顎の関節頭を動かすことを意識しつつ関節頭が上顎の山を越して元の関節窩に戻るよう下方へ強く引き下げ、下げたまま後方へ移動させゆっくり関節へ納めるようにします。
少し痛みますが思い切ってやってみましょう。
 その後は氷嚢で患部を冷やして炎症を収めると良いでしょう。
一度コツを覚えるとその後は自分で治せます。

検索用:外れた顎の直し方

2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月顎関節症

2007年07月04日

智歯なのに頭が悪い?(2)

kyusyu04
 前回の症例では同一個体では同じように反対側の親知らずも7番を吸収しつつあるので予防のため抜歯を行いました。



2007年06月 « 2007年07月 » 2007年08月親知らず