2007年03月30日

インレーブリッジ

インレーブリッジ
第一大臼歯は6歳臼歯と呼ばれ最初に萌出してくる永久歯であるとともに最初に虫歯となって抜歯対象となる頻度が最も高い歯です。

不幸にして抜いてしまった場合はいくつもの補綴の方法があります。
1.1本だけの入れ歯(保険、自費)
2.1本でのインプラント(自費)
3.両隣在歯に掛けたフルブリッジ(保険、自費)
4.部分的に削って入れるインレーブリッジ(保険)
上記の中で保険の範囲では4のインレーブリッジが最適といえるでしょう。
理由は
1.削る量が少ないためにフルブリッジに比べて審美性に優れている。
2.抜髄(神経を取る)必要性がない。
3.入れ歯に比べて違和感がない。
但し欠点として
1.入れ歯と違い、両隣在歯をある程度削らなくてはいけない。
2.欠損部分の咬合圧が両隣在歯に過剰にかかる。
3.フルブリッジと比べると外れやすい。
4.形成が高度な技術を必要とし、印象変形しやすいためぴったりと装着しにくい。
現在の保険制度の上では仕方ないと言えますが保険点数がフルブリッジより少ないのは繊細な形成技術を必要とする術者としては不満が残るところです。


投稿者 issinn : 2007年03月30日 16:54 | トラックバック(0)
コメント
*

こんにちは、前に通っていた所の先生の説明ではインレーブリッジは、咬んでいると、たわみにより支えになっている歯のどっちかが外れ易くなって、あまり長く持たないので結局は完全に被せることになると言われました 。
 先生はどう思われますか。

Posted by: フィデル at 2007年04月01日 23:43

脱離は5番がほとんどですのでポイントは5番小臼歯の近心面(4番寄り)の金属の厚みをいかに多く取るかとインレーとポンティック(無い歯の部分)を厚くすることにより強度を上げてたわまないようにすると脱離を防ぐことができます。

もちろん動揺している歯には適用できませんし、かみしめがあるかによって異なってきますが私の20年あまりの経験と何百本ものインレーブリッジのセットにおいて問題はほとんどありません。

むしろ再製が多いなどの高度な技術的形成テクニック(特に2歯間の平行性)の問題と考えます。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2007年04月03日 16:39

どうもはじめまして。

昔勤めていた歯医者では、インレーブリッジは邪道だと言われ、
禁止されました。汗

歯を削る量は少なくてすむので、個人的には好きですが・・・。

Posted by: れんさん at 2007年04月28日 22:09
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/175

メインメニュー