2007年02月24日

乳歯の虫歯の好発部位(白い虫歯)

乳歯の虫歯の好発部位(白い虫歯)
 むし歯は黒いと思い込んでいる方が多数いらっしゃいますが、実は進行の早い初期のむし歯の色は白いのです。
特に乳歯のむし歯は他の部分のガラス色の透明なエナメル質部分が白濁しています。
また、図のように歯のシワの部分がむし歯にならずに歯と歯の間がむし歯になりやすいのでお子様の仕上げ磨きの際には好発部位に注意しましょう。

1.一番大きな上の前歯の歯と歯の間(真ん中)
2.第一乳臼歯と第二乳臼歯との間(4カ所すべて)

「うちの子の歯は白いから大丈夫」とあなどっているとある日突然、ポッカリと穴が空いていて驚いて駆け込んでくるお母様方が多いものです。
早く発見すればするほど削らずにフッ素塗布のみで治療できます。
ご注意ください。

2007年01月 « 2007年02月 » 2007年03月小児歯科

2007年02月23日

アメとグミ

アメとグミ
 こどもの大好物といえばアメとグミですが以前アップしたように糖分が30分以上お口の中にあるとphが極端に低くなって虫歯になってしまいます。
しかし、糖分は成長期の脳にとってとても重要な栄養素の一つです。

そこで、おやつなどでお子様に与える場合は15分以内に食べ終えるようにしてください。
そうすれば極端に口腔内が酸性に偏ることなく過ごせますので多発性の虫歯を防ぐことができるでしょう。
また、食事の与え方としては同じ考えから、30分ほどで終えることも重要です。
「だらだら食い」は虫歯になる危険性を高めます。

お子様をお持ちの方はご存じのように子供の「腹時計」は大人が驚くほど正確です。
またそうでなくてはいけません。
朝食を抜くことは脳が目覚めないことやIQ低下の原因になることはご存じだと思われますがお母様はそ腹時計をふまえた上でその家でのリズムに合わせてできるだけ正確な時間帯に食事の時間を作るように心がけてください。
腹時計によって日々の生活リズムが形成されます。

2007年01月 « 2007年02月 » 2007年03月小児歯科

2007年02月19日

歯の再生医療

マウスに移植後14日経過した再生歯。複数の歯が発生している
 3MIX-MP法も歯髄組織から歯の内部にカルシウムを沈着させて歯を保存しようという一種の再生医療ですが適応される歯や症状が極端に狭いのでなかなか成功させるのは難しいと思われます。
 今日のフジサンケイビジネスアイでは東京理科大と大阪大の共同研究グループが歯や髪の毛のマウスによる実験が100パーセント成功したと報じられています。

実際これが人に応用できたら画期的なことと言えるでしょう。
だだし、まだまだ壁を乗り越えなくてはいけない問題点が累積していると言えます。

1.マウスの胎児から歯の胚細胞を採取しているが人の場合はどこから手に入れるのか。また倫理上の問題は
2.多数歯では嚢胞化してしまうおそれがある
3.咬合させるまでたどり着いていない
4.ひとの口腔内から採取した細胞ではまだ歯胚細胞をつくることまではは完成していない
5.親知らずを保存しておいて移植するのでは現時の歯牙移植と何ら変わりない

すなわちトピックスといえどもまだまだ机上の理論から抜け出していないままの報道に疑問を感じる次第です。(3MIX-IP法もしかり)

2007年01月 « 2007年02月 » 2007年03月独り言

2007年02月18日

MTGレコーディング

MTGレコーディング
 2月17・18日と2日続けてMTG初のレコーディングを行いました。
 これはトロンボーン4管によるジャズスタンダード17曲のアレジンジ譜発売に伴うデモCD用のものです。
他のメンバーはほとんどプロといってもかまわないほどの腕前の中での大事なリズムセクションのベースです。
 私としては初めての経験で新鮮でしたが、緊張度は極致に達し疲れました。

 ソロの部分はあらかじめある程度決めておいたので何とかなったものの、音程とリズムに集中しているためバッキングのフレーズ(決め以外はコード譜のみ)がままならず疲れ果てました。
 スタジオミュージシャンにはあこがれますが毎日こんな思いをしているかと思うと(プロは余裕なのでしょうが)仕事としてはとてもできることではないとの感想です。
 昔と違って、現在の録音はジャズの緊張感を出す場合は別として、一発録りではなくデジタルレコーディングによるいいとこ取りのパンチイン、パンチアウトでつなげていきます。
 しかし、ボーカル用のカラオケ録りは特に難しく、ボーカルの存在を想像しながら演奏するので全体の完成像の雰囲気を出すのに苦労します。
 しかも短時間の間に仕上げないといけなかったのでピリピリとした空気はライブの楽しいものとは無縁の世界でした。

 後日、本職プロデューサーの仕事の合間を見て編集作業とボーカル録りを行うので発売は今年の後半の予定です。
 4管トロンボーンによるクローズドハーモニーの世界を再認識してください。

※使用機材
WALTER WOODS M-450
EPIFANI T110UL
yamahiko bass pickup
Radial J48 Active Direct Box
アンプ前DIライン録りとAKGレコーディング用マイクC414録りの生+ベ−スアンプをミックス

2007年01月 « 2007年02月 » 2007年03月music