2007年01月10日

下唇粘液のう胞百態

下唇粘液のう胞百態01
 百態はオーバーですが昨年度だけでも20数症例の粘液嚢胞を除去しました。
特に混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している6歳〜12歳)の歯の隙間の下唇に出来るものが多く、色々な形態があるのでいくつかご紹介します。
初診料180点プラス除去手術料910点で1090点、負担額は3,270円となります。
※再発率は5パーセントほどあります。

 ただし、再三言っておきたいことは自然治癒があるので出来るだけ刺激しないで最低1ヶ月程度は様子を見ることです。
下唇粘液のう胞百態02

下唇粘液のう胞百態03

下唇粘液のう胞百態04

投稿者 issinn : 2007年01月10日 08:42 | トラックバック(0)
コメント
*
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/169

メインメニュー