2006年05月25日

前歯の難崩出歯

前歯の難崩出歯01
 6歳前後のお子様で上の乳中切歯が抜けたのに半年経っても一年経っても歯抜けの状態でなかなか永久中切歯が出てこない場合があります。

 これは本来、乳歯の歯根や出口の皮膚を破骨細胞によって溶かしていく機構が貧弱で表面の歯茎が足の裏のように繊維質で角質化している場合に起こります。

 このような場合は歯列不正の原因となりやすいのでちょっとだけ電気メスで表面を切って誘導路を作ることで容易に崩出してきます。

 お子様の前歯がなかなか出てこない、あるいは片方は出てきているのに反対側はいくら待っても出てこないというご心配の親御さんは、歯科医院でX線診断により後継永久歯の存在を確認した上で表面を軽く切開してもらうと良いでしょう。

前歯の難崩出歯02
切開直後

前歯の難崩出歯03
一週間後

2006年05月21日 « 2006年05月25日 » 2006年05月26日小児歯科
メインメニュー
記事一覧