2006年05月21日

正中過剰歯(1)

正中過剰歯01
 成人でもレントゲンを撮影してみると中切歯の根本に過剰歯がありご本人が驚かれる事がありますが、一生出てこない場合が多いので正中離開の原因になっていない限りは抜歯しません。

この5歳の男の子は乳歯が抜けて永久歯が出てきたと思ったところ、出てきた永久歯が尖っていて来院しました。

先に埋伏過剰歯が出てきたケースで、この過剰歯が原因で後から来る永久歯が別の方向に出てくる可能性があるためレントゲンで後継永久歯の存在を確認した上抜歯しました。

歯がない時期が通常よりは長いものの永久歯が正常に生えてくることでしょう。

正中過剰歯02
抜去過剰歯

正中過剰歯03
抜歯後

投稿者 issinn : 2006年05月21日 12:44 | トラックバック(0)
コメント
*

今日4歳の息子がレントゲンを撮ったところ前歯の中央部に過剰歯がうつっていました。今まで全く知らずにいました。大学病院を紹介され動揺しましたが、先生の文と写真がとてもわかりやすく、気持ちが落ち着きました。ありがとうございました。

Posted by: 秋田市4歳男児の母 at 2006年11月06日 21:35

 お役に立ててうれしい限りです。

 過剰歯が乳歯と永久歯の間にあるようですとブログの例のように萌出する場合もありますが出ないままで永久歯のじゃまになるようだったら抜いておいた方がよいでしょう。

 もっとも多くは永久歯の根本にあって抜く必要のない場合がほとんどですの検査して深い位置だったらあまり心配する必要性はないでしょう。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2006年11月07日 14:24

返信までいただいてありがとうございます。今日息子は5歳の誕生日を迎えました。
来週大学病院を受診し詳しい検査を受ける決心がつきました。
先生ありがとうございました。

Posted by: 秋田市5歳男児の母 at 2006年11月07日 20:31
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

メインメニュー