2006年04月06日

6歳児の上の前歯

6歳児の上の前歯(1)
 初めての永久歯である下の前歯と違い、上の前歯は乳歯の真下から生えてきます。

この時期にわずかながらでも反対咬合ですと将来、受け口になってしまう可能性があります。

***掲示板から***

Q:はじめまして。近隣の歯医者さんをさがしていて、この掲示板を見つけました。
とても評判が良いようなので、通院を検討しております。
6歳の子供のことで質問をさせてください。
上前歯の永久歯が生えてきましたが、片方だけが噛み合わせが逆になって生えてきてしまいました。早いうちの矯正を考えていますが、
今、通い始めたとして、期間はどれくらいかかるものなのでしょうか。また、ぶしつけな質問で恐縮なのですが、費用等はどれくらいかかるものなのでしょうか。お知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

A:残念ですが矯正は専門の先生にお願いしており当院では行っておりません。それでもある程度のご助言は出来ると思います。
費用は総額で50〜150万円と歯並びの程度や医院によって違ってきますがすべて一括払いということはまずないはずです。

矯正を必要とするのかどうか診断するのは早いほうがよいのですが実際に始めるのは永久歯がある程度そろった4年生から5年生位が最適だと言えます。(ただし、顔の骨格から矯正する場合は4歳位でも決して早くありません。)
平均的に2年〜4年間必要、というところでしょうか。

6歳とは今が大事な時期ですね。

実際に拝見しないといい加減なことは言えませんが生活習慣で適切な成長期でごく軽度の場合はご家庭で簡単に歯を動かせることも全くないわけではありません。

Q:早速のお返事、ありがとうございました。
そうですか・・・、矯正はやっていらっしゃらないとのことで残念です。
費用および期間を教えていただき、ありがとうございました。なかなか双方とも覚悟がいりますね(笑)
実は歯科衛生士の知り合いからも家庭でできる矯正法を教えてもらい、今、実践中です。
先生がご存知の方法もこれかな、なんて思いながらこのレスを打っております。
これでうまくいかなければ、先生のところにお伺いします。そして専門の先生を紹介していただければ幸いです。
そのときはよろしくお願いいたします。

A:矯正は「矯正歯科専門医」に限って受診ください。
なぜなら簡単な矯正の講習会を受けて矯正医と謳っている歯科医師が多すぎます。
歯科矯正は10年近くのキャリアで患者さんを統計的に把握して一人前となります。
従いましてその辺を十分ご考慮の上矯正医をご判断ください。
矯正医は「後戻り」を十分考慮し外科的なことも考えに入れたグローバルな考えを持った先生が適切と考えます。
6歳児の上の前歯(2)
 写真はちょうどこの適例で僅かな反対咬合でしたが家庭で正常咬合の方向に力が加わるように割り箸を咬んでもらい、1週間ほどで下の永久歯よりも前方に移動した例です。
矯正専門医からは怒られてしまいますが実際1〜2本は動きます。

しかし、やりすぎて下の前歯が奥に移動しても困りますし、全体的な歯列不正には決してやってはいけない行為ですのでくれぐれも自己責任で願いします。

2006年03月29日 « 2006年04月06日 » 2006年04月07日小児歯科
メインメニュー
記事一覧