2005年12月08日

壊疽性歯肉炎

壊疽性歯肉炎
 壊疽(えそ)性歯肉炎は年に2〜3例のあまりない症例ですが、お盆休みや年末年始の最中のほっとしたときに集中する傾向があるようです。

 
壊疽とは口腔内細菌に感染することによって壊死を起こすことで短期間のうちに歯肉がはがれて溶けてけていきます。

症状としては
1.歯肉全体の激しい自発痛
2.歯肉の色が真っ赤で歯ブラシ時以外の出血
3.激しい口臭

原因は
1.極度のストレス
2.虫歯、智歯周囲炎を放置して口腔内環境が極端に悪くなっている
3.身体の抵抗力が極端に落ちていて口の中の常在菌に負けている

処置は
1.抗生物質の軟膏の塗布と投与
2.バランスの良い食事を心がける
3.ストレスを取り、栄養ドリンクや栄養剤を服用

などで治癒します。
激しい口臭を指摘された場合はすぐに歯科医院に直行です。

投稿者 issinn : 2005年12月08日 16:47 | トラックバック(0)
コメント
*
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/100

メインメニュー