2005年08月22日

ドライマウス(口腔乾燥症)

唾液が少なくて口の中が乾燥している環境ですと虫歯や歯槽膿漏になりやすくなります。

なぜかというとどちらにも共通する原因の歯垢は唾液によって洗浄され口の中を清潔に保ち、常在菌のバランスを取っているのからです。
ドライマウスには様々な理由に起因します。

1.交感神経と副交感神経とのバランスが崩れ、副交感神経の方が勝ってしまう自律神経失調症。
2.睡眠薬や精神安定剤の服用による副作用で上記の理由により唾液が減少する。
3.更年期障害やストレスによるもの(理由はやはり1.)
4.口呼吸によるもの。

等が主な原因といえます。

特に睡眠薬や精神安定剤の副作用はあまり知られていないのですが強弱はあるものの耳下腺から分泌される漿液性のさらさらとした唾液が止まってしまい顎下腺、舌下腺の粘液性の唾液しかでなくなりネトッとした唾液となりますので本来の唾液による歯垢の洗浄が逆に歯垢を歯や歯肉に固着させより虫歯や歯槽膿漏を促進してしまいます。

投稿者 issinn : 2005年08月22日 09:02 | トラックバック(0)
コメント
*

どうしたら治るんですか??教えてください。

Posted by: at 2006年08月08日 20:46

ブログにかかれている以外に鼻の病気で口呼吸しかできない場合や先日も検査に回した患者さんもいらっしゃいましたがシェーグレン症候群の場合もあります。

詳しくはドライマウスオアシス
http://www.drymouth-info.net/

DRY MOUTH SOCIETY IN JAPAN 
http://www.drymouth-society.com/

が非常に参考になると思われますので訪問してみてください。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2006年08月09日 05:14
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/80

メインメニュー