2005年05月08日

下の親知らずが痛いのに上を抜かれちゃった

私が診療でよくおこなう行為ですのでご紹介いたします。

下の親知らずが痛い場合の智歯周囲炎で、堅い下の歯の上に被さった歯肉が上の親知らずとの間に挟まれて咬むたびに炎症を助長するということがよくあります。

そのため説明を十分におこない了解を得た上で上の親知らずを抜歯します。
前述したように比較的上の抜歯後の疼痛は軽いので下の痛みもほとんど無くなるのです。

他に理由としては、初診当日から下の親知らずを抜いてしまうとその日一日は結構つらい思いをします。
そのため「もうは医者なんか行きたくない」となり他の大きな虫歯の治療機会を逃すこととなります。

決して間違って上を抜くわけではありませんのでご理解願います。

投稿者 issinn : 2005年05月08日 11:48 | トラックバック(0)
コメント
*

忙しくて親不知放置したら虫歯になって歯がブヨブヨになって抜くしか処置出来ないらしくて口腔外科行くまで今かなりの激痛ユヤ毀瑤盡セ・覆・覆蠅泙靴拭・・韻討・世気、ヤヤ

Posted by: あい at 2006年08月17日 19:34

文字化けで後半はちょっと解りませんが激痛とのことだと思います。

口腔外科は大学病院でなくても大丈夫ですので即刻受診しましょう。
当日にすぐ抜いてくれれば理想ですね。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2006年08月18日 06:41
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/62

メインメニュー