2005年01月18日

歯性上顎洞炎(質問メールから)

はじめまして、○○と申します。

2004年10月19日のブログに記載されておりました症例:歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)
について質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

質問1 :現在の私の症状が似ていると感じるため取り急ぎ検査をうけたいと
考えているのですが、歯科もしくは口腔外科のいずれで検査をうけるのがよろしいでしょうか?

質問2 :症状がひどい場合、手術も考えられるのでしょうか?

質問3 :治療期間はおおよそどのくらいかかるのでしょうか?
     (最悪の状態で)

質問4 :治療費はおおよそどのくらいかかるのでしょうか?
     
現在の私の状態 : ・上顎の左奥歯、歯茎に違和感を感じる
             ・また、食事のあと顔(左側の目の下)に
              鈍い痛みを感じる
             ・顔が腫れている(左側、目の下あたり)

お忙しいところ恐れ入りますが、お知恵をお貸しいただけると幸いに存じます。
よろしくお願いいたします。

********************返信メール******************

メールを承りました。ご質問の件ですが

> 質問1 :現在の私の症状が似ていると感じるため取り急ぎ検査をうけたいと
考えているのですが、歯科もしくは口腔外科のいずれで検査をうけるのがよろし
いでしょうか?

一般の歯科でも充分と思われますがご心配でしたら歯科口腔外科を謳っていると
ころの方が安心でしょう。

> 質問2 :症状がひどい場合、手術も考えられるのでしょうか?

手術となると抜歯以外は耳鼻咽喉科の範疇となります。(閉鎖手術は歯科でで
きるがすべて除去するような重度の場合は歯科での保険請求は困難)

> 質問3 :治療期間はおおよそどのくらいかかるのでしょうか?(最悪の状態で)

ケースバイケースで抗生物質だけで治る場合や最悪の場合は手術しても何年に
もわたって再発を繰り返すことがあります。

> 質問4 :治療費はおおよそどのくらいかかるのでしょうか?

保健の範囲内ですのでそんなに心配するほどのことはないと思われます。

まずは歯科の診断を受けてから耳鼻咽喉科へというケースが適切と思われます。
症状から察しますとやはり歯が原因でしょうから歯科治療で治せる限りは歯科医
院で、歯性上顎どう炎に完全に移行してしまい手術を必要とする場合は耳鼻咽喉
科へが良いと思われます。

投稿者 issinn : 2005年01月18日 09:41 | トラックバック(0)
コメント
*
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/42

メインメニュー