歯の痛みは左右上下と主に四つの部位で分けられると思われます。 初診で患者さんがいらした場合にはまず初診時でその痛みを取ることが今後の治療における信頼を得る最大の方法と言えましょう。