2004年02月25日

歯科相談

一伸歯科医院HPの掲示板やメールで歯科相談もできますので、歯科医行く前にちょこっと気になる点を相談しておけるので安心です。

投稿者 issinn : 2004年02月25日 11:13 | トラックバック(0)
コメント
*

私はずっと歯医者に行ってなくて前歯に虫歯があるままです。なんとか抜かないで治療できるものなんでしょうか?>

Posted by: at 2005年09月18日 22:53

5,6年前に治療して詰め物をした歯の詰め物と歯との間に茶色っぽい溝が出来てしまいました。つめのもをはずして虫歯があるか調べ新しい詰め物をすると言われました。他に虫歯かどうかを判断する方法はありますか?
また、昔の詰め物をはずさずに、虫歯の治療はできますか?
治療の選択肢のメリットとデメリットを教えてください。

よろしくお願いします。

Posted by: kumada at 2006年01月27日 11:22

 どの歯かどんな詰め物かどうかによって違ってきますから的確なことは言えませんので一番頻度の多い前歯のレジン充填でのこととします。

確実なのは古い詰め物を完全に取り払ってからしっかりと確認し虫歯の部分を除去して詰め直すのが良いと思われます。
茶色の部分が線状でわずかだったら研磨だけでもすむ場合もあります。
また、2次ウ蝕ができているかどうかは視診とレントゲン診断によって行うのが一般的です。

但し、治療希望として多いのはレジンという材質の欠点で2次ウ蝕になりやすかったり食べ物の色が付いて全体が茶色に変色した場合ですね。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2006年01月27日 12:53

この頃歯が痛くてたまりません…でも歯医者は怖いです…どうしたらいく勇気がでますか?

Posted by: しん at 2007年01月08日 02:34

どうしても怖くて仕方がない方は「付き添い」と一緒だと安心できるようです。

例えば、親御さん、彼氏、彼女、時にはお子さんが一緒だと心強いという方もいらっしゃいました。
ご検討ください。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2007年01月08日 13:01

自費のメタルボンドを進められました。
どういうものか教えて下さい

Posted by: 治療中 at 2007年02月18日 22:29

メタルボンド=メタルで裏打ちされたセラミックで作られた冠
数十年前からあるもっとも壊れにくくて安定している被せものです。
保険のものと比べると
1.経年変化による変色がない
2.透明感がある程度得られるため自然な歯の印象を受ける
3.耐摩耗性に優れているためブラッシングで削れたりしない

といいことづくめのようですがあくまでも個人のメンテナンスや歯科医師の技量によって違ってきますので永久にとは言い切れません。

Posted by: 一伸歯科医院 at 2007年02月19日 13:52

前歯が短く八重歯の方が長くまるで猫…下の歯のすき間も目立ち、前歯と下歯の間が5ミリほどあり話がしにくいです…インプラントは高くて治療はできなくて保険がきく治療はありますか??

Posted by: 奈々 at 2007年04月16日 21:56
コメントする







名前、アドレスを登録しますか?




Trackback

このエントリーのトラックバックURL : http://www.haisha.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/11

メインメニュー